ネガティブの人がポジティブを取り戻す5つの方法

物事をプラスに考え前向きで居れたら素晴らしいですが

毎日ポジティブでいる事は難しいです。

 

 

いつでもパワフルでやる気満々でエネルギーに満ち溢れている人でも

時には落ち込んだり、やる気がなくなったりする事があります。

 

 

人にはエネルギーのバイオリズムがあるので

ネガティブポジティブや

やる気脱力などのバランスを取りながら生きています。

 

 

実際、毎日、毎日イケイケGOGO❗️では疲れてしまうし

いつまでも、やる気が起きず脱力ばかりでも困りますね。

 

 

今日は『ネガティブの人がポジティブのバランスを保つ方法』

5つのポイントにまとめてお伝えします。

 

 

 

その前に、ネガティブにもいろんなタイプがある事を知っていますか?

書籍『ぴかぴかチャクラの玉磨き』にも書きましたが

私たちのネガティブは内側と外側の両方から作られてきます。

12969303_10209407869943376_1069755203_n

外側というのは

エネルギーの重い人と話した後や、氣の悪い場所に出かけた時

人や場の波動と共鳴してしまい、自分の氣が落ちた状態。

 

 

内側というのは

自分の思考パターンから陥ってしまうネガティブのことです。

 

 

たまごが先かニワトリが先かの世界と似ているのですが

内と外は繋がっているので、お互いが共鳴してしまいます。

 

 

例えば、自分の内面がネガティブな場合は

外からのネガティブを引き寄せてしまうし

外側からネガティブを受けてしまった時には

気持ちも落ち込みやすくなってしまうのが、大きな原因となるのです。

 

 

これが波動が共鳴して引き合うという事です。

似た者同士が集まるというのも同様の原理です。

 

 

いずれにしても、この状態になった時には早めに脱出する事です。

でも、どうして自分がネガティブになったかという事を

明確にしておかなければなりません。

 

IMG_2700

 

それでは、よく陥る内側のネガティブを7つに分けて考えてみましょう。

 

 

①最近、やる気が起きず部屋の掃除もどうでもいいし

 そもそも、他の人と関わるのが面倒くさい。

 

⇒この状態の場合、生きるというパッションが枯渇しています。

生きる目的や新しい事へのチャレンジが薄れてきています。

一刻でも早く、自分がわくわくする事や、好きな食べ物を食べたりして

自分を喜ばせる事を取り入れて氣を動かしていきましょう。

 

『うごき』がなくなると氣が停滞してしまうので、意識的に動かす事が

ネガティブをポジティブに変えるポイントになります。

 

 

 

②パートナーとの問題でモヤモヤしてぱっとしない。

どうせ理解してもらえないから、言っても無駄。

 

⇒この状態の場合、自分の気持ちが相手に伝えられていない時が

とても多いです。理解してもらえないからどうでもいいと言いながら

しかし、実際には理解してもらいたいのです。

 

あなたの本当の気持ちと行動が不一致なのでモヤモヤしてきます。

そのぱっとしない気持ちを誤魔化そうと他の事をしてみても

溝は深まるばかりです。

 

どんなモヤモヤも当事者に自分の気持ちが伝わらないから起きてきます。

相手と向かい合うチャンスが来たと思い、伝えてみましょう。

感情を伝える事がモヤモヤを晴らすポイントとなります。

 

 

 

③自分の事は後回し、つい相手を優先させてしまう気持ちからも

ネガティブが作られている。

 

⇒この状態のあなたは、自分らしく生きていない事へ

ひそかに自己ジャッジをしています。

本当は自分なりの考え方や、やりたい事があるのに

それを我慢してしまうのは、本来の生き方ではありません。

 

 

相手に遠慮してしまう裏側には

どんな気持ちが隠れているのでしょう?

 

 

相手に嫌われたくない気持ちですか?

それとも自分の勇気が足りないのでしょうか?

 

 

でもよく考えてみてください。

そもそも、あなたの気持ちを否定してジャッジするような相手が

あなたの人生を左右していいのでしょうか?

 

あなたは自分の人生を全力で輝かせていいのです!

お互い、そんな想いを共鳴できる関係性を築いてみませんか?

 

生きるパッションを取り戻し

相手と向かい合う事ができたら

自分の中の太陽も相手の太陽も輝かせる❗️そんな気持ちでいたら、

その波動にあった仲間が引き寄せられてきます。

 

相手を尊重し、そして自分も尊重する事が

ネガティブをポジティブに変えるポイントになります。

 

 

 

④上手くいっている人が羨ましくて、つい妬んでしまい

そんな気持ちを抱く自分が嫌いになってしまう。

 

⇒この状態のあなたは、自分がやりたい事が明確になっている人が多いです。

自分が達成したい事があるのに、なかなかうまくいかない。

 

 

がんばってチャレンジしてもなかなか成果や結果が出てこない。

また、毎日の雑多に終われ時間が作れていない。

そんな状況の時に陥りやすくなる状態です。

 

これはどんなネガティブの時にも言える事ですが

いつもは羨ましい妬みの気持ちがないのに

ふと出てくる場合、満月の影響を受けている事が多いです。

 

 

特に自分の太陽星座に該当した満月の時には

その影響が出やすくなりますので、取り組んでいる課題から離れて

あえてリラックスする時間を作ってみてください。

 

moon

 

あなたにとって本当に必要な事は何なのか?
ハートに問いかける時間を作って、相手を意識するのではなく

自分の内側に意識をフォーカスしていく事がポイントです。

 

 

 

⑤本音を言っては相手を傷つけると思い込み

つい、想いと行動が不一致となってしまう。

 

⇒この状態の人はかなり多く見受けられますが

本音を言っては相手が傷つくと思っているのは、

その根底にあるのは現状からの逃避です。

 

もしかして、過去に本当の事を告げた相手から

冷たい対応をされたり、関係性がギクシャクした体験が

あったかもしれないですが…(泣)

それさえも、あの時と同じ体験をしたくないという

気持ちをブロックする現象なのです。

 

 さぁ、ここで視点をぐっと広げてみてください。

家族が仲間が同僚が、自分の周りにいる人たちが

いつでも自分の本音で関わり合っていたとしたら?

 

他人を傷つけるとか、相手をコントロールしようとか

自分を認めてもらおうとか、そんな意図が1ミリも介入していない

そんなピュアな本音で関わり合っていたら

言いたいことを我慢するような事が起こるでしょうか?

 

本音で関わる事は、本来とてもピュアな行為です。

なぜなら自然界の原理と同じだからです。

 

月が周期によって満ちてくるように

花は咲く時期が来れば、つぼみを膨らませ花を咲かせます。

花粉たっぷりな草花にはハチが集まって来る。

 

このような現象に何の不思議も感じないように

自分の気持ちを正直に表現する事も、本来は自然界と同じような

在り方なのです。

JK061_72A

ピュアな本音は自然界の波長と同調します。

 

 

文章のはじめに、自分の内面がネガティブな場合は

外からのネガティブを引き寄せてしまうし

外側からネガティブを受けてしまった時には

気持ちも落ち込みやすくなってしまうのが、大きな原因となると書きました。

 

 

私たちにはマグネティックという磁石のようなエネルギーがあります。

このエネルギーは私たちの内面から作られているので

波動の法則によって同じようなものが引き寄せられてきます。

 

 

ネガティブな人がポジティブのバランスを保つには

まず、自分の内面から作られた想いがネガティブ波動になっている

原理を知り、自分自身の波動を引き上げていくことです。

 

 

それこそが、自然界や宇宙のピュアな波動と共鳴していくのです。

ピュアな波動はいつでもあなた自身の中から作られ

その波動は関わった人たちに伝わっていきます。

 

 

まずは、自分から。

ネガティブをポジティブに波動移動を起こし

これまでと違う自分ワールドをつくっていきましょう。

 

IMG_2702

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変わりたいのに変われない... そんなアラフォー女子が本気で変わる!LOVE and MONEY スピリチュアルメールレッスン

パソコン、スマートフォン
携帯、テキストメール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事