LOVE&MONEYスピリチュアルについて

狭間に生きるアラフォー世代

1970年代前後に生まれた人達の多くが40代となっています。

今、この年代の人達の中でなかなか自分を変えられず
人生がきつく感じている人達が多くいます。

 

社会の中では、自分よりも若い世代(1975年以降生まれ)や
自分より古い世代と共に働き、ちょうど狭間に・・・。

 

 

結婚して子供がいる人も多いが、未婚の人もなかなか多く
特に後者の場合、周囲の人達と比べて人生に焦りを感じてしまう。

 

 

WEBやPCなど高校生以降に世の中に出回った世代でもあり
その為、なかなか慣れずにまた取り扱いが不得意な人が多い。

 

 

とりわけ、SNSの参入もかなり遅めでどちらかというと
アナログが得意な人も多い。

 

 

OL時代は男性社会が中心だった世代の中で働き
男尊女卑などの経験も数多く体験している。

 

 

聞きたくもない上司の愚痴を聞かされる飲み会に
半ば強制的につれて行かれ
数多くのうんざり体験をしている。

 

 

嫌な体験も多いが、会社を辞める事なく勤続年数が長く
いつの間にか部下をとりまとめる世代に・・・。

 

 

部下の多くは1975年以降生まれのインディゴと呼ばれる世代。
自分とかけ離れた考え方と発言に戸惑いを隠せない。

 

 

人に遠慮せず自分を世間体という狭い枠に閉じ込めない
インディゴの生き方がうらやましく思えるが、自分はなかなか真似できない。

 

 

かといって、自分より上の世代のような生き方もしたくない。

じゃぁ、一体どうすればいいの!!! 

 

 

私のクライアントさんはインディゴの世代も多いけど
このような古い時代と新しい時代の狭間世代の人たちも多くいます。

 

 

新しい時代の人達もなかなか大変な世の中ですが

この世代の人達は腹をすえて決まってしまえば、行動が早いです。

 

 

でも、古い世代の人達は繰り返すというシステムの中で育ち
生きてきたので、腹が座っても次のアクションまでに時間がかかる。

 

 

ようするに変化するのに時間が掛かってしまうのです。

 

 

例えば、自分のやりたい事がみつかり、起業しました。

ところが、ブログの作成に1年もかかってしまう。

そんな自分を必要以上に責めてしまう…。

 

 

これは技術的な事も去る事ながら
新しい事を受け入れてアクションを起こすまでの
思考と行動が一致するまで時間を要する為に起きてしまうのです。

 

 

大人になるまで、繰り返し行うシステムに慣れ親しんで来たので
自分を変化させるという異例のアクションを取り入れる作業が
大変で困ってしまう。

 

 

でも、このままの自分ではいたくないし

変わっていきたいという意識があるが、なかなか上手くいかない・・・

 

 

高額なセミナーに参加して、資格もとってみた。
何か大きなチャンスがやって来て、それがきっかけになると思いきや
いつまで待ってもチャンスがやってこない。

 

悩む

 

おかしい・・・。
こんなはずじゃない・・・。
どうすればいいのか・・・。

 

 

このような状態に陥っているクライアントさんには
外にエネルギーを向けるのではなく
自分の内側に意識を向けてみてください!とお伝えしています。

 

 

どうしても、他の人と比べてしまい
自分はダメだと必要以上に卑下してしまう・・・。
比べるという行為はエネルギーが外へ向かっています。

 

 

意識が外に向いていると
当然ながらエネルギーは内側に向いてきません。

 

 

でも、
・どんなふうに変わりたいのか?
・どんな自分になりたいのか?
・どんな幸せを手にいれたいのか?

 

 

これらの答えは全て内側にあるのです。

 

 

 

どんな自分になりたいかが具体的に見つかっていないのに

「変わりたい」
「幸せになりたい」

 

と漠然的に思うだけでは
実際に変化する事は難しいです。

 

 

実はこのような事が頻繁に起きている人が多いですが
もし、自分が該当しているなぁと、感じた方はまずは、
自分の意識を外に発信するのではなく
自分の内側に向けてみてください!

 

 

それはどんな事でも構いません。

 

自分は何をしている時が楽しいのか?
何処に行ってみたいのか?
どんな洋服を着てみたいのか?
どんなジャンルの音楽や映画が好きなのか? 等など・・・。

 

 

エネルギーを外に漏らさず
自分自身に注いでみてください。

 

 

ところで、わたしのところには

アラフォー世代のクライアントさんが多いのですが

相談の多くはLOVEMONEYです。

 

 

LOVEMONEY

どちらも大切なキーワードですよね!

 

LOVE

14442729_1271094739607385_294736984_n

 

わたしは22年間の結婚生活にピリオドを打ち離婚しましたが

離婚の経験があるからこそ、LOVEについてお話しできる事があります。

 

 

ここで取り扱うLOVEは無条件のもの。

 

 

実はこのLOVEは感情を通して学ぶ事ができます。

 

 

感情をぶつけ合う事ができる相手がパートナーです。

 

 

だから、パートナーの関わりの中で湧き出て来た感情を隠さず

相手ときちんと向かい合う事は究極のLOVEを体験する

大切なステップとなるのです。

 

MONEY…。

14429212_1271094156274110_1560507967_n

 

豊かさは人それぞれ違ったイメージを持っていますが、

必ずしもお金があれば豊かという事ではありません。

 

 

OL時代、私は某信用金庫で窓口として働いていた時の話をシェアしますね。

 

ある日、70歳くらいの女性に多額のお金が振り込まれてきました。

 

 

でもその女性はちっとも幸せそうではなく、むしろいつも暗くうつむき加減に

お店に入ってきては、自分のお金が無くなっていないか?

 

 

毎日、毎日通帳をチェックしに来ていました。

銀行通帳

 

私は、信用金庫の窓口から、人はお金があるからといって幸せになるとは限らない。

 

あればあったで、「今度は無くならないか?」

という不安を人生に取り込んでしまう人達を多く見てきました。

 

アバンダンスマネー

お金を持ったときに、不安や不信、恐れの気持ちが起こる事は

 

「アバンダンスマネー」(豊かなお金)

 

と遠ざかってしまいます。

 

 

 

お金はエネルギーだという表現をする人が大勢いますが、私も同じように考えています。

 

 

幼少時代、両親が保証人となり借金の肩代わりをする姿や、

信用金庫に努め数多くの富豪の人たちから、これまでお金という存在を客観的に
見るチャンスが多くありました。

 

 

その結果、お金には波動というかリズムがある事が分かりました。

 

 

 

リズムです・・・。

 

 

例えば、お金が出ていく時は何かを支払う時ですが、支払いが立て続く

 

「え~、ようやく支払いが終わったのに、また出費~」

 

と、こんな経験はないですか?また逆にお金が入ってきだすと、
するするっと続けて入ってきはじめます。

 

 

お金の動きに制限がかかってしまっている人(決められた範囲で報酬をもらっている人)は、

この体感するのが難しいかもしれませんが、その制限を広げてあげると体験する機会が
増えてくると思いますので、安心してください。

 

 

このように出たり入ったりするお金ですが、その出入りにはリズムがあるのです。

 

 

そのリズムの感覚をつかむと、入りの波が来た後にはちょうど

同額なお金の支払いがあったり、逆に支払いが続いた後は、入金の波が来たりします。

 

 

 

この体験が増してくると、お金が持つ特有のリズムをコントロールする事が出来るようになり、
そのエネルギーが循環する器を広げる事につなげていけます。

 

 

 

「アバンダンスマネー」はお金のリズムを理解し、お金へのネガティブな思いが
無くなった時に体感できる感覚なのです。

 

 

・富裕
・寛大
・壮大
・安心
・自由
・感謝

 

 

 

これらはお金が引き寄せるポジティブキーワードの一部ですが、
かなりいい気分になってくると思います。

 

 

そして、肝心なお金を循環させる器を広げるためには、

お金を引き寄せる手段が必要になってくるのです。

 

株や不動産。
アフェリエイトやバイトなどの副業。
起業や仕事の時間を増やす・・・

 

 

 

その手段は人によって様々だと思いますが、わたしはその器を広げる方法として、
起業を選択して現在に至りますが、このような経験があったので、
他の人へも器を広げる手段として様々な講座を作ってきました。

 

LOVE&MONEYスピリチュアル

LOVEMONEY

どちらも人生の中で大切なものですが

どちらもエネルギーとも言えます。

 

fire-heart-961194_640

 

LOVEMONEYスピリチュアルとは

LOVEMONEYをエネルギー的に捉え

スピリチュアルな側面からお伝えしていくものです。

 

 

 

 

 

変わりたいのに変われない... そんなアラフォー女子が本気で変わる!LOVE and MONEY スピリチュアルメールレッスン

パソコン、スマートフォン
携帯、テキストメール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事